自分の状態を把握しましょう

AGA治療を効果的に進めるために症状について知る

AGAが起きる仕組み

悩む男性

男性型脱毛症とも呼ばれ、主に男性に発症するAGA。生え際から少しずつ後退したり、頭頂付近から脱毛が広がったりして、多くの男性の悩みの種となっている脱毛症です。
AGAの発症にはさまざまな要因が重なり、人によって変わるとされていますが、確定的な原因として男性ホルモン「テストステロン」が挙げられています。

ただ、テストステロンがAGAの原因だとはいっても、テストステロン自体が悪いホルモンというわけではありません。普段は毛髪の成長だけではなく、筋肉や骨の成長をも司っており、このテストステロンがあるからこそ男性はたくましい体つきを手に入れることができるといえます。また、性欲も司っており、生体機能としてはいろいろと欠かせないホルモンなのです。
だから根絶することはできませんが、ことAGA治療となれば、コントロールしなければなりません。

テストステロンは、毛細血管により髪の毛を包み込んでいる「毛包」へと運ばれると、そのなかに侵入します。その際、5αリダクターゼという酵素の働きにより、ジヒドロテストステロンというホルモンに変化します。このジヒドロテストステロンが作用し、髪の毛の成長を妨げ、脱毛させてしまうのです。

AGA治療にて処方される薬のひとつには、フィナステリドと呼ばれる有効成分が含まれています。このフィナステリドは、テストステロンではなく、5αリダクターゼの方の作用を阻害し、ジヒドロテストステロンを作らせないようにします。そのため、髪の毛の成長を妨げさせず、脱毛を防ぐことができるというわけです。

こういった治療は、市販の育毛剤を使うことによってもできそうな感じはしますが、その精度は保証できるものではありません。そのため、多くのAGA患者を見て多くのAGA治療を成功させてきている医師の診断を頼りにすることが、確実な治療へとつながります。

このエントリーをはてなブックマークに追加