自分の状態を把握しましょう

AGA治療を効果的に進めるために症状について知る

リダクターゼについて

医者

男性型脱毛症、AGAは、活性型ホルモン:ジヒドロテストステロンが大量に生成されて毛髪の成長を妨害してしまうことが原因であることが分かっています。そのため、AGA治療のためにはこのジヒドロテストステロンが生成されないようにアプローチする必要があります。
ただ、ジヒドロテストステロンの前駆体であるテストステロンは、男性にとっては不可欠なホルモン。テストステロンは主に骨や筋肉など肉体の形成に関わっており、男性らしい肉体となるにはこのテストステロンの働きが関わっているのです。そのため、AGA治療だからといってテストステロンの量を減らすのは得策ではありません。AGA治療では、テストステロンがジヒドロテストステロンへと変化する過程に対してアプローチをかけます。

テストステロンがジヒドロテストステロンに変わるのは、「5αリダクターゼ」という酵素の働きによるものです。この酵素は人間がもとから保有しているもので、テストステロンが毛包に到達した際、テストステロンにはたらきかけてジヒドロテストステロンへと変化させます。このジヒドロテストステロンが、毛髪の成長を妨害してしまうのです。ちなみにジヒドロテストステロンはヒゲや体毛はフサフサにする効果があり、髪の毛とそれ以外で逆の働きをすることになります。

AGA治療に使われる治療薬の一種には、フィナステリドと呼ばれる成分が含まれているものがあり、このフィナステリドには5αリダクターゼの働きを抑制する効果があります。つまり、ジヒドロテストステロンが生成されにくくなるということであり、結果的に毛髪の成長もスムーズにいくということです。

ちなみに5αリダクターゼには種類があって、1型と2型で少々タイプが変わります。1型5αリダクターゼは皮脂腺に多く存在するといわれており、よく皮脂が多く分泌されて脂っこくなってしまう人に特に多いとされています。
反対に2型5αリダクターゼは毛乳頭に多く存在するといわれており、ヒゲや体毛がほかの人よりも濃くなる傾向にあります。

どちらもAGAの原因になるとされていますが、より深く関わっているとされているのが2型5αリダクターゼです。理由としては、2型5αリダクターゼの量が少ない人にはAGAの症状が見られないことが挙げられます。また、2型5αリダクターゼは前頭部にしか存在しないのに対し、1型5αリダクターゼは前頭部と後頭部両方に存在している、ということも挙げられます。AGAは額の生え際から進行していく場合は多いですが、後頭部から進行していくことはないので、前頭部にしか存在しない2型5αリダクターゼがより確定的な原因だとされているのです。こういったより細かい原因を探っていくのも、AGA治療においては重要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加