自分の状態を把握しましょう

AGA治療を効果的に進めるために症状について知る

AGAが遺伝するのは

つむじ

額の生え際から徐々に後退していったり、頭頂部から徐々に広がっていったりして、男性を悩ませているAGA。男性型脱毛症はかなり多くの男性に発症するとされており、すべての男性にとって由々しき問題です。脱毛してしまった部分を隠そうと帽子を被っていても、帽子の蒸れにより脱毛症が悪化してしまう可能性も高く、人によってはお手上げということもあるかもしれません。
しかもAGAは、遺伝性があるとされています。つまり親や親族にAGAの人がいたら、自身もAGAを発症する確率が高いということです。しかし、遺伝だからAGA治療ができないのかというと、そういうことではありません。遺伝であっても、AGA治療はしっかり行うことができます。

遺伝のメカニズムをもう少し詳しく説明すると、遺伝するのは5αリダクターゼと呼ばれる還元酵素です。これは、肉体の形成や性欲のコントロールを司っている「テストステロン」と呼ばれるホルモンを、髪の毛の成長を妨げさせてしまう「ジヒドロテストステロン」と呼ばれるホルモンに変化させてしまう酵素です。
AGAが遺伝するというのは、この5αリダクターゼの分泌量が多いかどうか、あるいは5αリダクターゼが活発に働くかどうかというところに関わっています。つまり遺伝によりAGAを発症したと考えられる人は、この5αリダクターゼの量が多いか働きが強いか、といったことが考えられます。当然AGA治療においてもこの点が注目されており、5αリダクターゼの働きを抑制することがAGA治療薬の目的のひとつです。

ちなみに、5αリダクターゼの量や働きが遺伝しているかどうかは、検査により調べることができます。
いざ脱毛症になってしまった段階では、AGAは特徴的な症状があらわれますので、「これはAGAだ」と判断するのは比較的容易だといえます。しかし、AGAの進行は最初はそれなりにゆっくりなため、そこそこ進行してからやっと気づいた、ということも少なくありません。進行する前に、あるいは発症する前にその予兆を察知できるのが、この検査です。AGAが遺伝しているかどうかをチェックする検査では、将来どの程度薄毛が進行するのか、育毛剤は効くのか、どのようなAGA治療が適切か、といったことも判定することができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加