自分の状態を把握しましょう

AGA治療を効果的に進めるために症状について知る

脱毛症の種類

薄毛

脱毛症にはAGA以外にもいろいろ種類があり、円形脱毛症、粃糠性脱毛症、脂漏性脱毛症、抜毛症などがあります。それぞれに特徴的な症状や原因があり、AGA治療とは違う治療が行われます。

☑詳細が気になる!

早めに治療する

困っている男性

男性の多くが、AGAに悩まされています。AGAとは「男性型脱毛症」のことで、一般的には男性がかかる病気だとされています。ただ、AGAの原因とされている男性ホルモン「テストステロン」は女性にも少量ながら存在しているので、女性もまれにAGAを発症することがあります。ただそれでも、女性の脱毛症はAGAではないことが多く、AGAは男性に多いものだと言って問題はないでしょう。

AGAは、発症したと分かったらできるだけ早く治療を開始した方がよいといえます。とはいっても、どんな病気も早期発見・早期治療がいいに決まっているのですが、AGAにはちゃんとAGAの理由があるのです。
AGAが始まって最初のころは、症状の進行はゆるやかです。生え際のこめかみ部分、生え際の中心部分、あるいは頭頂などAGAが始まる箇所は人によって変わりますが、場合によっては気づかないレベルかもしれません。しかし、「まだ大丈夫だから」「今は仕事が忙しい時期だから」などとAGA治療を後回しにしてしまうと、AGAの進行スピードは徐々に上がっていってしまいます。気づいた時には目に見えて抜け毛の数が増えているのが分かるようになっており、さらに進むとどんどん髪の毛が薄くなっていってしまいます。
そのためAGA治療は、できるだけふさふさの髪の毛を保っていたいのであればできるだけ早めに始めることが大切なのです。早めに始めることで、AGA治療を早めに終わらせることができ、治療費も期間も少なく抑えることができます。

またAGA治療は、きちんとした知識を持っている医師の指示に従って進めていくことが大切です。医師によるAGA治療に頼らず、自分の判断でAGA対策を行っていると、場合によっては間違った対策をしていることもあり、AGAの症状をより進行させてしまう可能性もあります。放っておいた方がまだマシだった、となると悲惨なので、きちんと医師の指示を仰ぐようにしましょう。
ちなみん、医師にきちんと相談することで、確かなAGA治療を受けられるだけではなく、自宅でできる正しい対策も教わることができます。例えば、シャンプーによる洗い方ひとつ取ってもよい方向に進むか悪い方向に進むかわからない部分があるので、髪の毛の健康全体のためにも医師に話を聞いてみるのがよいといえます。

サブページ

コンテンツ

AGAが起きる仕組み

悩む男性

AGAの原因はいろいろあれど、テストステロンが作用していることは確定的です。このテストステロンの働きを封じることでAGA治療は進められていきます。AGA治療のためには、病院を受診するのが一番確実です。

☑詳細が気になる!

気になる情報はこちら▼

リダクターゼについて

医者

AGAはホルモンや酵素の働きにより発症するとされており、AGA治療においては5αリダクターゼの抑制が必須事項です。5αリダクターゼにも種類があり、より治療に重要なのは2型5αリダクターゼとされています。

☑詳細が気になる!

AGAが遺伝するのは

つむじ

AGAは、5αリダクターゼと呼ばれる酵素の量が多い、あるいは働きが強いと発症しやすく、この5αリダクターゼの要素は遺伝します。AGA治療で治すことができ、遺伝しているかどうかをチェックすることもできます。

☑詳細が気になる!

このエントリーをはてなブックマークに追加